よい思い出 家族 連載 金継ぎの器 養生(セルフ・ケア)

【連載】10万円を幼稚園児に手渡したひいおばあちゃん

2021年6月24日

おばあちゃん
祥子や〜仏間においで。ちょっとあげるものがあるから。

 確か、6歳の時に、ひいおばあちゃんの仏間に呼ばれました。手渡されたのは10万円の封筒。

 6歳の幼児にはその意味はわかりませんでした。

おか〜さ〜ん、ひいおばあちゃんがお金くれた〜預かっておいて。
祥子

 ひいおばあちゃんから渡された10万円はすぐさまお母さんに預けられ、ゆうちょの貯金通帳が作られました。

grandma
ひいおばあちゃん、大好き

 いま、考えてみると、ひいおばあちゃんなりのお金のレッスンだったのではないかなと思います。

 「この子はこのお金をどうやって使うんだろう」と意味深に傍観していたのかもしれません。


 当面の間は、このお金は、ゆうちょに入れたままでした。他のお年賀と一緒に、ずっとほったらかしにしていました。最初に、貯金を崩したのは、中学1年生でした。


 ひいおばあちゃんからもらった10万円を使ったのは、小室哲哉さんの全盛期、中学生になってから、シンセサイザーEOS B900を購入しました。自閉症の親をとなりで見ながら、さびしい思いをメロディーに重ねました。シンセサイザーを含む楽器を奏でることはわたしにとってリラクゼーションでした。

今更ながらですけど、シンセサイザーに10万円
を変えてしまってよかったんですかね、ひいおばあちゃん。
祥子

 結局、何を買うのが正解ということはありません。ただ、有効に使うという意味では1円も儲けを出してはいないし、何か申し訳ない気がします。

 女性資産家の家計に生まれた自分にはセンスがなかったのかなと思うことがあります。設立した会社も休眠状態ですしね。

 ひいおばあちゃんからもらった10万円も株式投資でもしたほうがよかったのかな、共済保険に加入しておいたほうがよかったのかな、などと考え込んでしまうことがあります。いくら考えても答えは出ないですね。

 でも、ひいおばあちゃんのなんらか意図があって委ねられた10万円。大人になってからも、その意味をかんがみながら、日々精一杯生きていこうと思いました。ひいおばあちゃんの愛を忘れないで。


 家族の話をしていませんか?ピア・サポートに参加してみませんか。LINEカウンセリングを試してみませんか。LINEの公式アカウントからもご参加登録していただけます。

友だち追加

お気軽にメッセージをお待ちしております。応援メッセージを定期的にお送りしております。

Adsense

おすすめの記事

みんなのピア・サポート 1

目次1 電話をかける(080-7361-5596)2 お得なLINE Official Account2.1 友だち追加2.2 友だち追加からの電話の掛け方3 対応時間帯・上限時間4 料金設定4.1 ...

鍛錬 2

こんにちは、小林です。 この記事は、後述します。 目次1 筋トレ1.1 筋トレの順番1.2 うつ状態の筋トレ1.3 躁状態の筋トレ1.4 躁状態では筋トレをお休みも検討した方がいい1.5 運動中はこま ...

グループホーム 3

こんにちは、小林です。昨年まで、麻布の賃貸マンションに住んでおりましたが、ついに、精神障碍者向けのグループホームに引っ越ししました。 精神障碍者向けのグループハウス Photo by taylor h ...

-よい思い出, 家族, 連載, 金継ぎの器, 養生(セルフ・ケア)
-

© 2022 ブレイン・ハッキング